あっという間に・・・

すっかり晩秋となってしまいました。
夏場はどたばたとして、手作りお休み気味。
秋のお茶会の席札に、ひと言箋と文香をセットにしたものを作ったところ、思わぬ反響をいただいて、オーダーに励んでおりました。
ちょっとしたメッセージカードにと思ったのですが、オーダーいただいた中で「パーティーをするので、来場者にひと言書いてお渡ししたい」という方がいらっしゃいました。なるほどー そういう使い方もありますね。

このひと言箋のメインは、源氏香のはんこ
源氏香というのは、香道のお楽しみの一つで、5つの香りを当てるもの。
どれとどれが同じか、それとも全部違うものかを、源氏54帖に当てはめてしるしがあるのです。
物語の内容によって吉兆をいう向きもありますが、昔から文様としても愛されてきたものですから、あまりそのあたりは考えずに、季節や名前の感じで使ってよろしいかと思っています。

四角のしるしが源氏香 それに一期一会のはんを朱泥でくっきり♪
小さなハンコは、初雪です。
251023-003.jpg

このようにカードの中にひと言箋を入れて、折りたたんであります。
250917a-005.jpg

お茶席は、こんな柄
250917a-006.jpg


250917a-007.jpg


250917a-008.jpg


250917a-009.jpg


250917a-010.jpg


250917a-011.jpg


250917a-012.jpg


250917a-013.jpg

こちらは、オーダーもの。時期が10月に入りましたので、ちょっと変えて。
251023-001.jpg


251023-002.jpg


表は、千代紙を使って季節感をなるべく出したつもり。
お茶会用(9月)
250917a-004.jpg

こちらは10月のパーティー用の柄。
251023-007.jpg

文香は、うさぎさん印♪
2509120-013.jpg

本当はお手紙に添えるものですが、最近はあまり書くこともないでしょう。
香は清めの意味もありますから、お財布に入れても良いかと。
ハンカチと一緒にしまって、移り香を楽しんでも。
香りを楽しむって、なんとなく気持ちが和らぎますね(^^)

これからは、お正月や初春用に松風や紅梅や初音といった、改まった源氏香や早春の源氏香が出番です。
ショップの方でも、ぽち袋などと一緒に出そうかと思っておりますよ♪
スポンサーサイト

テーマ : ハンドメイドの作品たち
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
ブログ内検索
RSSフィード